研磨布紙

研磨布紙

研磨布紙と書くと何か見たことがないような物ですが、
これは通称サンドペーパーまたは紙やすりのことです。

正式な製品名は研磨布紙なのですね。
この製品の構造は、紙または布を基材として、接着材で研磨材を
くっつけて製造します。

基材には、和紙、クラフト紙、ラテックス処理紙、その他布がある。
特性として柔軟性と粘りが求められる。
これらの紙の中で主流はクラフト紙になっている。

接着材には、膠などの天然接着材とエポキシなど合成樹脂などが
利用されている。近年では耐湿性に勝るという理由から合成樹脂
が多く使われるようになった。

研磨材には、天然のガーネットやダイヤモンド、エメリーや人造の
アルミナや炭化ケイ素が代表的なものである。

これらのサンドペーパーは金属や木材の研磨に使われる。
学生時代に学校の工作の時間に木材を磨いたことが思い出される。
何気なく使っていた研磨布紙であるが、詳しく調べてみると
知らないことばかり。

安価で便利な工具のひとつです。

2009年12月15日||トラックバック (0)

カテゴリー:紙製品

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.w-n.biz/mt/mt-tb.cgi/8

紙製品の中で持ち運ぶ道具といえば紙袋ですね。 紙袋には持ち運ぶという機能だけでなく、 デザインによってはおしゃれの要素にもなるのです。 昨今はブランド紙袋を第二のバッグとして使いこなしている女性が増えているとのこと。 そんな紙袋を製造している専門の会社があります。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス